弁護士 亀子 伸一 > お知らせ・ブログ > 交通事故被害者が安心して怪我の治療に専念するために知っておくこと

交通事故被害者が安心して怪我の治療に専念するために知っておくこと

交通事故の治療打ち切りとは

 

「ケガが完治するまでは、治療費は保険会社が負担してくれる」

と思っている方は多いのではないでしょうか。

 

ですが現実には、多くの場合、事故から数ヶ月で、「治療費の負担を終了します」と保険会社から連絡が来ます(治療費負担の打ち切り)。

 

ここで誤解をする方も多いのですが、

 

治療費負担が打ち切られたとしても、

「それ以上は治療を受けることができない」というわけではありません。

 

 

「治療が必要かどうか」は、あくまで医師の判断事項です。

 

本来、交通事故の賠償は、治療が終わった段階(症状固定時)に、

「治療費も含め、これだけ損害が生じたので、賠償を請求します」という形で行います。

 

治療費に関しては、保険会社が「本来は、被害者が払った治療費を、後で賠償すればよいけれども、サービスで先払いをしている」というものです。

 

つまり、「治療費負担の打ち切り」は「先払いサービスを、打ち切る」という意味なのです。

 

そのため、治療費負担を打ち切られた後も、医師と相談の上で、

治療費を自己負担する形で病院に通うことはもちろん可能です。

 

 

治療打ち切りについて

痛みがまだ強く残っていたり、症状の改善が見込まれるなら、

自分の身体を治すために、通院を続けるべきでしょう。

 

その自己負担した治療費については、一定の範囲で保険会社に請求することが可能です。

 

 

治療打ち切りの際には、「事故とケガの因果関係」を疑われることもあります。

 

そうならないように、事故直後から「痛みやしびれなどの具体的な症状を、

正確に、はっきりと医師に伝え、カルテ(診療録)に残してもらうこと」は大切です。

 

カルテに症状の記載がなければ、「痛みやしびれはなかった」と判断されてしまうからです。

例えば、

症状が正確に記載されなかった結果

「首の痛みについては、

事故直後には首が痛いという記載がないので、事故とは関係がない

などと判断され、

短い期間で治療費負担の打ち切りをされたり、

後遺障害の認定が得られなかったりする原因となりえます。

 

※「事故直後に、首の痛みについて記載はあるけれども、(通常は治療を受けて徐々に症状が良くなっていくはずなのに)途中から痛みが強くなっており、不自然な経過をたどっている。症状に一貫性が認められない。」など

 

 

その都度、医師に必要な検査を実施してもらうことや、適切な頻度での通院治療を行っておくことも欠かせません。

 

ご相談の際には、こうした治療に関する注意点も必要に応じてアドバイスしています。

「事故直後や、治療中の早い段階からのご相談」にも、大きなメリットがあることを感じてもらえるのではないでしょうか。

 

こうした知識を知っておくことで、安心して治療に専念していただくことができると思います。

 

 

交通事故で怪我をしたら

ぜひ早い段階でご相談いただき、

必要に応じてわずらわしい保険会社対応を弁護士に任せて、ケガの治療に専念されることをおすすめします。

 

 

カレンダー

2021年6月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

検索

最近の投稿

アーカイブ

当弁護士が提供する基礎知識

よく検索されるキーワード

弁護士紹介・事務所概要

亀子弁護士

弁護士 亀子伸一

静岡県弁護士会所属 登録番号 53434

「あなたの立場で、より良い解決に向けたアドバイスを、分かりやすくお伝えする」をモットーに、ご相談を受けています。話しやすい雰囲気づくりにも努めています。

完全個室もございますので、安心してご相談ください。

事務所名 片山ひでのり法律事務所
弁護士 亀子 伸一(かめこ しんいち)
所属 静岡県弁護士会
所在地 〒422-8067 静岡県静岡市駿河区南町13-3 TKビル4階
電話番号 050-3503-8646
営業時間 平日/午前10時から午後7時まで
土曜日(隔週)/午前10時から午後6時まで
※事前にご予約いただければ時間外も対応可能です
事務所内観